人気の投稿

エディターズチョイス - 2019

モノを引き起こすウイルスは、複数のレースでMSのリスクを高める可能性があります

Anonim

白人のように、2017年8月30日に発表された新しい研究によると、Epstein-Barrウイルスによって引き起こされるモノクローゼ症を有するヒスパニック系および黒人(一般にモノクローナル抗体と呼ばれる)は、多発性硬化症のリスクが増加する可能性がある神経学のオンラインジャーナルNeurology®は、アメリカ神経学アカデミーの医学雑誌です。

広告


Epstein-Barrウィルスで幼い頃に感染している間は、症状があれば少数の症状しか生じませんが、思春期や成人への曝露が遅れると症状が重篤になることがあります。

「単核球症とMSとの関連を見いだした以前の研究では、主に白人集団が見られたため、我々の研究では、他の人種集団と同様の関連性があるかどうかを検討した」と研究著者Annette Langer-博士はパサデナのカイザー・パーマネンテ南カリフォルニアとアメリカ神経学アカデミーのメンバーです。 「確かに、私たちは、3つの人種グループすべてに強い生物学的なつながりを見つけました。

この研究のために、研究者は、3年の期間にわたって、黒人、ヒスパニック系、白人の1, 090人を募集した。各グループは、臨床的に孤立した症候群と呼ばれるMSまたはその前駆体を有する人々に対して、 被験者は、エプスタイン - バールウイルス抗体を調べるために血液検査を受け、彼らにモノがあったかどうか尋ねられた。

研究者らは、セックス、年齢、喫煙、遺伝的祖先などのMSリスクに影響を与える可能性のある他の要因とは無関係に、モノクローナル抗体を有する患者のMSのリスクは、 モノを有する黒人は、MSを発症する可能性が4倍以上、ヒスパニックは4倍以上、白人は2倍以上であった。

黒人のうち、111人中12人(11%)が過去にモノを持っていたのに対し、MSを持たない128人のうち4人(3%)は黒人であった。 ヒスパニックについては、173人のMS患者(8%)が過去にモノであったのに対し、MSを有していない187人のうち3人(2%)に比べて、 白人のうちMSを患う235人のうち48人(20%)が過去にモノを持っていたのに対して、疾患のない人のうち256人の30人(12%)の30人に比べて、

「多くの人々が血中にエプスタイン・バーウイルス抗体を持っていましたが、3つのグループすべてで発見されました.10歳以上でモノを発症した人々はMSのリスクが高い」と語った。 これは、Epstein-Barrウイルスの感染を青年期または成人期に遅延さ​​せることがMSの重大な危険因子である可能性を示唆しています。

Langer-Gouldは、「複数の人種グループの参加者を含む私たちのような研究は、特にEpstein-Barrウイルスや単核球症などの生物学的因子への暴露の頻度がグループ間で異なる場合、生物学的リスク因子を試験する強力なツールとなりうる。結果はすべてのグループで同じではなかったが、リンクが生物学的である可能性は低いだろう」と語った。

この研究の1つの可能性のある制限は、対照群が全体的な集団を代表しないかもしれないということである。

広告



ストーリーソース:

American Academy of Neurology(AAN)によって提供される資料。 注:コンテンツはスタイルと長さのために編集することができます。


ジャーナルリファレンス

  1. Annette Langer-Gould、Jun Wu、Robyn Lucas、Jessica Smith、Edlin Gonzales、Lilyana Ameszua、Samantha Haraszti、Lie Hong Chen、Hong Quach、Judith A. James、Lisa F. Barcellos、Anny H. エプスタイン - バーウイルス、サイトメガロウイルス、および多発性硬化症の感受性神経学 、2017; 10.1212 / WNL.0000000000004412 DOI:10.1212 / WNL.0000000000004412