人気の投稿

エディターズチョイス - 2019

国際野生生物取引における過小報告

Anonim

シンガポール国立大学(NUS)の研究者は、国際的な野生生物貿易データの詳細な調査に続いて、野生生物貿易のいくつかの重要な傾向を確立しました。 この調査結果は、世界中の野生生物製品の動きを促進する市場の力を明らかにし、違法で法的な野生生物取引の理解が世界の特定の種や地域に偏っていることを示しています。 この調査結果はまた、野生生物貿易ネットワークが、これまで考えられていたよりも複雑になり、施行と保全の努力を損なう可能性があることを暗示している。 絶滅のおそれのある野生動植物の種の国際取引に関する条約(CITES)などの規制当局は、この情報を活用して既存の保全活動や政策を改善することができます。

広告


この研究を主導したNUS学部生物科学科のウィリアム・シムズ博士は、「野生生物の持続不可能な収穫が人口減少につながる可能性があるため、国際的な野生生物取引の推進者に対する理解を深めることは重要である限られた種に法的貿易のデータベースがありますが、それは国内の法律やガバナンスが弱体化する可能性がある年次報告書の提出に依拠しており、産業界の完全なイメージは得られていません。

2004年から2013年の間に、哺乳類、鳥類、爬虫類の3つのグループにわたる、野生生物貿易の37万件を超える包括的な分析と比較を行った。 この分析から得られた主要な知見には、

  • 米国に入る違法製品は、主にカナダ、メキシコ、中国から来る
  • 米国に入る違法製品は、アフリカ、中央アジア、東ヨーロッパ、太平洋島の州から来て、複雑な貿易ネットワークが存在し、合法市場を通じた違法製品の洗濯の可能性を示唆している場合、傍受される可能性は低い
  • 哺乳類、鳥類、爬虫類の貿易には様々な要因や市場が存在しており、これらの相違を考慮した規制やモニタリングに対する微妙なアプローチが効果的な保存に必要であることを示唆している。
  • CITESの成功は、考慮されている製品に依存し、蘭、木材、サンゴなどのあまり研究されていないグループの取引は、CITESによってあまりよく規制されていないようです。

規制当局はガイドとして作成された洞察を使用して、保全資源をより効率的に配分することができます。 「この研究で確立した傾向は、規制機関が既存のデータベースを超えて、保全活動における野生生物貿易の現在の理解を取り巻く不確実性を考慮に入れる必要性を強調している。貿易に起因する絶滅を世界的に防止したい場合には、あまりよく研究されていない種や、より高いレベルの腐敗の国での取引を監視することが不可欠である」とNUS学部の生物科学科助教授ローマ・カラスコは説明した。その研究の

この研究は、2017年12月の科学雑誌Biological Conservationに掲載されました。

広告



ストーリーソース:

シンガポール国立大学が提供する資料。 注:コンテンツはスタイルと長さのために編集することができます。


ジャーナルリファレンス

  1. William S. Symes、Francesca L. McGrath、Madhu Rao、L. Roman Carrasco。 野生生物取引の重力 Biological Conservation 、2018; 218:268 DOI:10.1016 / j.biocon.2017.11.007