人気の投稿

エディターズチョイス - 2019

喫煙と血管形成:良い組み合わせではない

Anonim

米国心臓協会の雑誌「 Circulation:Cardiovascular Interventions 」の新しい研究によれば、血管形成術を受けているときに禁煙すると、手技の利点を最大限に生かすことができ、より良い生活の質と胸の痛みをより軽減できます。

広告


研究者らは、血管形成術を受けた2, 765人の成人(心臓に血液を供給する狭窄または閉塞血管を開く非外科手術)の胸痛と生活の質の測定を分析した。 処置から1年後:

  • 彼らが血管形成術を受けたときに喫煙をやめる人は、喫煙を続ける人よりもはるかに良い生活の質を報告しました。
  • 彼らが血管形成術を受けたときに喫煙を終了した人の21%は、喫煙を続けていた31%と比較して、胸の痛みを報告した。
  • 彼らの血管形成術の前に喫煙や喫煙をしなかった人の19%が依然として胸痛を訴えていました。

「喫煙を止めることは、血管形成術から最良の結果を得るチャンスを増やす比較的簡単な方法のように思える」とセント・ルーク・ミッド・アメリカのアウトカム・リサーチの臨床ディレクターであるジョン・スパーズス医師(MDH)カンザスシティ、ミズーリ州の心臓研究所。

胸痛、心臓発作、または心臓発作の危険性が高い人は、一般に血管形成術を受ける。 バルーン付きカテーテルを動脈に挿入し、動脈を開き、血流を回復させる。 ほとんどすべての血管形成は、動脈内にステントを配置することを伴う。

喫煙している患者は、心血管の再発を防ぐための重要な要素として終了することが強く求められています。

これは、喫煙に関して血管形成術後の生活の質を測定する最大の研究である、とSpertusは述べています。

全国の10の異なる病院から、研究者らは、心臓発作または胸痛のいずれかのために血管形成術を受けている患者を募集した。 参加者は、喫煙しなかった人、手術前に喫煙していた過去の喫煙者、喫煙者、血管形成術後退院者、その後喫煙を続けた人の4つのグループに分けられました。

1年間のフォローアップ期間中、喫煙者の約38%が禁煙し、約63%が喫煙を継続した。

手術の時点で、患者は、1、6、および12カ月後に反復された胸部痛および全体的なQOLに関するアンケートに答えた。 研究者は生スコアを分析し、喫煙の特定の影響を分離するために、様々な人口統計学的要因、病歴、病気の重篤度および治療の影響を調整した。

心臓病専門医は、ニコチン代替療法、禁煙プログラム、その他の介入を意味しているかどうかにかかわらず、患者の喫煙をやめるために患者と協力しなければならない」とSpertus氏は語る。

米国心臓協会(American Heart Association)によると、米国では喫煙が早期死亡の最も重要な予防可能な原因であるという。 心臓病や脳卒中の原因となるアテローム性動脈硬化症などのいくつかの障害のリスクを高めます。

広告



ストーリーソース:

アメリカ心臓協会から提供された資料。 注:コンテンツはスタイルと長さのために編集することができます。


ジャーナルリファレンス

  1. ジョナサン・ドン・M・ブキャナン、Kensey L.ゴッシュ、フィリップ・G・ジョーンズ、Praneet K.シャルマ、アリ・シャフィーク、アンナ・グロージンスキー、ティモシー・J・フェンドラー、ガース・グラハム、ジョン・A. 経皮冠動脈インターベンション後の健康関連アウトカムと喫煙状況の関連循環:心血管インターベンション。 、2015年5月DOI:10.1161 / CIRCINTERVENTIONS.114.002226