人気の投稿

エディターズチョイス - 2019

妊娠している喫煙者は、ビタミンC

Anonim

以前の研究では、喫煙をやめることができなかった妊婦の毎日の補助ビタミンCが、受動的な呼吸コンプライアンスと呼気時間のピーク時までの新生児の肺機能を改善することが報告されています。 この研究では、1年後に母親がビタミンCを摂取した赤ちゃんが喘鳴発症する可能性が低いことが分かった。

広告


最新の研究では、研究者らは、喫煙した252人の母親から生まれた赤ちゃんの3ヶ月目および12ヶ月目の強制呼気流量(FEF)を測定した。 FEFは、空気が肺から押し出される速度を測定します。 喫煙した母親は、毎日500mgの補給ビタミンCを受け取るか、プラセボを同じ妊婦ビタミンに加えて無作為に割り付けた。 彼らは妊娠中ずっと喫煙をやめるよう奨励されました。 平均して、研究の両腕の母親は、1日に7本のタバコを吸うことができなかった。

「実際の気道機能の直接的な測定を提供し、将来の疾患をより予測するため、本研究ではFEFを実施した」と主任研究者のCynthia McEvoy博士(オレゴン州保健局新生児科教授) &Science大学医学部およびOHSU Doernbecher小児病院。 「乳児は3ヶ月齢と12ヶ月齢で協力的ではないため、これらの結果を得るには洗練された検査技術を使用する必要がありましたが、肺活量測定検査を行う際に得られる結果と似ています。

FEF75、FEF25-75、FEF50の3つの間隔で強制呼気中の肺に残っている空気の割合で定義されるFEFを測定した。 FEF25-75およびFEF50間隔で、3ヶ月で、2つの群の女性に生まれた赤ちゃんの間で肺機能に統計的に有意な差があった。 12カ月後に、3つの間隔で、2つの群の乳児の間で肺機能に統計的に有意な差があった。

この研究では、妊娠期間、出産様式、未熟児または出生時の出生時の2つの群の赤ちゃんの間に有意差は認められなかった。

研究者らは、ビタミンCが肺にこのような保護効果を有する理由は明らかではないが、継続的な研究においてこの問題に焦点を当てている。 研究の共同研究者Eliot Spindel、MD、Ph.D、OHSU医科大学神経科学教授は、妊娠中の喫煙/ニコチン曝露後に生まれた赤ちゃんの動物モデルに示された気道周囲のコラーゲンの増加を阻止するかもしれないと推測している肺および気道をより硬くする可能性がある」および/または「胎内煙草暴露の生涯にわたる影響に寄与するエピジェネティックな変化の一部を防止する」。

ビタミンCが幼児期の呼吸器の健康状態を改善することに長期的な影響を及ぼすかどうかを調べるために、6歳になるまで研究が行われます。 研究者は特に、ビタミンCサプリメントを服用した母親から生まれた子供が、生後1年で診断が難しい喘息を発症する可能性が低いかどうかを調べることに特に関心があります。

McEvoy博士は、ビタミンCの明らかなメリットにもかかわらず、「女性に妊娠中に喫煙をやめることが優先されなければならない」と述べた。 ビタミンC補給は、妊娠していない喫煙者の約50%が喫煙をやめていなくても辞めることができなくても、簡単に安全な方法になる可能性があります。

広告



ストーリーソース:

American Thoracic Societyによって提供される資料。 注:コンテンツはスタイルと長さのために編集することができます。