人気の投稿

エディターズチョイス - 2019

糖尿病と前糖尿病患者の認知機能の低下と関連した睡眠不足

Anonim

雑誌「 Acta Diabetologica 」に掲載された研究によれば、睡眠効率が低い糖尿病と前糖尿病患者は、実際にベッドでどれくらいの時間を睡眠しているかを測定した結果、睡眠効率が良い人よりも認知機能が劣るという報告があります。

広告


「糖尿病の結果として認知障害を発症する危険性があることはすでにわかっているが、睡眠の質が悪いという認知的影響がより深刻である」と同大学の糖尿病と代謝の内分泌学の助教授であるSirimon Reutrakul博士は述べた。シカゴ医科大学のイリノイ州の医学博士と論文の対応する著者。

以前の研究では、糖尿病は認知障害と認知症のリスク上昇に関連していました。 他の研究では、糖尿病患者に一般的な睡眠障害が認知障害に関連していることが分かっています。

Reutrakulが率いる研究者は、耐糖能異常の患者 - 前糖尿病を示す耐糖能障害患者および臨床的に糖尿病と診断された患者における睡眠と認知機能との関係を調べた。

この研究には合計162名の参加者が参加した.2型糖尿病患者81名、前糖尿病患者81名であった。 参加者の平均年齢は54.8歳であった。 睡眠の持続時間と睡眠効率 - ベッドでの睡眠時間と睡眠の質の重要な指標 - は、参加者ごとに7日間のアクセッション記録で得られました。 アクチグラフは、動きを測定する手首に装着された装置である。 睡眠研究で使用される場合、睡眠の期間は、アクチグラフが動きのない期間を記録するものとみなされます。

認知機能は、モントリオール認知評価(Montreal Cognitive Assessment)またはMoCAと呼ばれるアンケートを用いて評価した。 すべての参加者は、閉塞性睡眠時無呼吸 - 気道が閉塞し、呼吸が一時的に停止すると睡眠が中断される睡眠障害について評価された。

研究者らは、平均睡眠時間は1泊6時間であり、平均睡眠効率は82.7%であった(ベッドで過ごした時間の82.7%が睡眠に費やされたことを意味する)。

彼らは、睡眠の持続時間と診断された閉塞性睡眠時無呼吸の重症度は、MoCAによって測定された認知機能に関連していないことを見出した。 しかし、より良い睡眠効率は、糖尿病と前糖尿病の参加者の認知機能スコアの改善と関連していた。 彼らはまた、糖尿病を有することが認知機能スコアの低下に関連していることも見出した。

「私たちの研究は、睡眠効率の低下が、耐糖能異常の患者の認知機能低下と独立していることを示しています。 「さらなる研究では、これらの患者の睡眠をより良くすることが認知機能を改善できるかどうかを検討すべきである」と語った。

広告



ストーリーソース:

シカゴのイリノイ大学が提供する資料。 注:コンテンツはスタイルと長さのために編集することができます。


ジャーナルリファレンス

  1. ナンタポーン・シワサラノンド、ラングチップ・サムリサパク、パニタ・ジンダラ、オラプチヤヤ・クラリット、アマリン・タクキンシアン、スンヤラット・アノタイントワニー、シリモン・ロトトラクールなどが挙げられる。 前糖尿病と2型糖尿病患者における睡眠と認知機能との関係Acta Diabetologica 、2018; DOI:10.1007 / s00592-018-1166-3