人気の投稿

エディターズチョイス - 2019

ヨーロッパの10代の「新しい喫煙者」料金の混在傾向

Anonim

欧州の大部分において、高齢の10代の喫煙開始率は1970年代以来低下しており、近年、10代の若者の「新喫煙者」率は上昇しているという調査結果が2018年8月22日公開のオープン・アクセス・ジャーナルPLOS英国ロンドンのインペリアルカレッジのデボラ・ジャービスによって調整されたヨーロッパコホート研究(ALEC)の高齢化肺に関わる国際的な研究チームによって、

広告


喫煙は、死亡の可能性がある主な原因であり、多くの病気に対して最も強力な修正可能なリスク要因です。 多くの喫煙者は、初期にはニコチンに中毒になり、この人口の喫煙傾向を理解することが重要です。

ALECの調査では、17カ国の119, 104人を含む6つの多施設研究のデータを集めた。 参加者は、「あなたは喫煙者ですか?」、「あなたは1年も喫煙しましたか?」などの質問に答えた喫煙に関する情報を遡って取得しました。 「あなたが喫煙を始めたとき、あなたは何歳でしたか?」 データはヨーロッパの地域別にグループ化され、全体と地域の両方で分析されました。

全体として、1970年以前の喫煙開始率は、男性で18歳、女性で19歳であった。 2000年代には16歳と15歳でピークに達した。男女とも、すべての地域で、晩年(16歳〜20歳)の喫煙開始は1970年代から2000年代にかけて減少した。 2000年代後半には、青年期末期の喫煙開始率は北欧で最も低く、年間1, 000人あたり20人が喫煙を開始した。 他の地域では、1年あたり1000人当たり40-80人の新規喫煙者で料金は引き続き高かった。 初期の青年期(11歳から15歳)の喫煙開始率は、1990年から2000年にかけてほぼすべての地域で増加した。 西ヨーロッパでは、この人口の喫煙開始率は2005年頃に年間1, 000人あたり40人に達しました。

「欧州の若者の間では、喫煙開始は依然として受け入れられないほど高く、15歳以下の人々の喫煙率は注目されるべきだ」と著者らは言う。 「若者は特にニコチン依存症やたばこ副作用の影響を受け易いため、青少年の初心者を減らすことが基本です。

Alessandro Marcon氏は次のように付け加えています。「2000年代後半の思春期後期における喫煙率の高まり、1990年代からの子供率の上昇は、ほとんどのヨーロッパ諸国にとって、若者に届くたばこ規制の実施を強化する必要性を示唆しています。

広告



ストーリーソース:

PLOSによって提供される資料。 注:コンテンツはスタイルと長さのために編集することができます。


ジャーナルリファレンス

  1. Alessandro Marcon、Giancarlo Pesce、Lucia Calciano、Valeria Bellisario、Shyamali C. Dharmage、Judith Garcia-Aymerich、Thorarinn Gislasson、Joachim Heinrich、Mathias Holm、Christer Janson、Deborah Jarvis、Deborah Jarvis、BénédicteLeynaert、Melanie C. Matheson、Pietro Pirina、Cecilie Svanes 、Simona Villani、Torsten Zuberbier、Cosetta Minelli、Simone Accordini。 40年以上のヨーロッパにおける喫煙開始の傾向:遡及的コホート研究PLOS ONE 、2018; 13(8):e0201881 DOI:10.1371 / journal.pone.0201881