人気の投稿

エディターズチョイス - 2019

ALSの早期危険因子として同定された低筋力

Anonim

10代後半の低筋力は、ALS、または筋萎縮性側索硬化症として知られる神経学的疾患の発症後期の危険因子として同定されている。 Journal of Neurologyに掲載されているSahlgrenska Academy(スウェーデン)の研究では、若年時の低血球数もALSに関連しています。

広告


「最初の研究からの結論を過大にするべきではない - その結果は繰り返す必要があるが、我々が見つけたものは注目に値すると言わなければならない」と神経生物学の准教授であり、ヨーテボリの医師だけでなく、

研究者らは、スウェーデンの医療登録簿と死亡簿からのデータと同様に、1968〜2005年の期間に180万人(1, 819, 817人)の男性のためにスウェーデンの軍隊入隊データを調査した。 入隊時には大半が18歳でした。 フォローアップ時間は最大46年であった。

このグループには、通常50歳以降に発生し、筋肉を制御する神経の衰弱を伴う疾患であるALSを発症した526人が含まれていました。 治癒はなく、ほとんどの場合、患者は2〜5年後に死亡する。

現在の研究は、若年時でさえ、ALSが比較的低い体格指数(BMI)と関連し得るという印象を確認する。 しかし、その違いは劇的ではありませんでした。 ALSを発症した患者の平均BMIは21.1であったのに対して、グループ全体では21.9であった。

その代わりに目立ったのは、ALSが軍隊入隊時の血球数の低さ、つまり血中の酸素を運ぶ赤血球の割合が低いという結果でした。 参加時に、手、腕、脚の筋力とALSの間にも関連が見られた。

「最も筋力が弱い人は、30年後にALSに罹患する重大なリスクがありました」とMaria氏は指摘する。

更なる知見は、この研究では貢献因子ではないと思われる男性の身体状態に関係していた。

他のデータは、身体活動が予防的である可能性があると示唆していましたが、人が身体に合っているか、より少ない人であれば、リスクの増加は見られませんでしたいい形。"

研究そのものは、様々なリスク要因の原因と影響に関するものではありません。 異常なほど大量のデータで接続を特定し排除することに重点を置いていました。

「これは軍の入隊データで以前に行われた研究よりもはるかに大きな研究であり、結果的に新しいつながりを見ることができました。 しかし、なぜ特定の集団が病気になる前に30年以上筋力が低下しているのかについての答えはありません。

広告



ストーリーソース:

Gothenburg大学が提供する資料。 注:コンテンツはスタイルと長さのために編集することができます。


ジャーナルリファレンス

  1. マリアÅberg、ジェニーニーベルク、ジョセフィーナ・ロバートソン、ゲオルグ・クーン、リヌス・シエーラー、ハンス・ニスブラント、マルガ・ウェーネン、ケジェル・トーレン。 成人期における筋萎縮性側索硬化症のスウェーデン若年男性におけるリスク要因Journal of Neurology 、2017; DOI:10.1007 / s00415-017-8719-1