人気の投稿

エディターズチョイス - 2019

重症筋無力症患者における共存する自己免疫疾患のリスク増加

Anonim

重症筋無力症は、骨格筋の外側の異常な機能と関連し得る障害である。 神経筋電図診断学会(AANEM)の年次総会で発表された2件の研究では、不整脈および併発炎症性腸疾患(IBD)を伴う重症筋無力症患者のかなりの割合が存在することが示されている。

広告


重症筋無力症患者100人のうち16人が不整脈を呈した。 11人は心房粗動/細動を有し、5人は病気洞症候群を有した。 興味深いことに、胸腺切除術を受けた患者は、不整脈を起こす可能性は低い。

ブラジルのセアラ大学の研究は、重症筋無力症患者の自己免疫性IBDの存在を評価した。 1人の患者に存在する2つの自己免疫疾患の可能性は0.2%であると推定されたが、重症筋無力症の人口では0.9%にもIBDがあった。

2つの研究は、重症筋無力症の病理が、骨格筋神経筋接合部のアセチルコリン受容体(AChR)よりもはるかに到達していることを示唆している。

広告



ストーリーソース:

神経筋および電気診断医学協会(AANEM)が提供する資料。 注:コンテンツはスタイルと長さのために編集することができます。