人気の投稿

エディターズチョイス - 2019

高レベルのオメガ-6レベルは早すぎる死から保護することができます

Anonim

オメガ6脂肪酸は早漏からあなたを守ることができますか? 新しい東大フィンランド大学の研究によると、その答えはイエスです。 死亡から保護する一方で、オメガ6脂肪酸はまた心臓血管疾患を防ぐ。

広告


「リノール酸は最も一般的な多価不飽和オメガ6脂肪酸であり、リノール酸レベルが高いほど早期死亡のリスクは低いことが判明しました」と東フィンランド大学のJyrki Virtanen教授は述べています。 臨床栄養のアメリカンジャーナル。

オメガ-6多価不飽和脂肪酸は、血中コレステロール値に対する有益な効果として知られているが、とりわけ、低グレードの炎症を促進することによって、いくつかの慢性疾患のリスクを増加させる可能性があると推測されている。 この推論の背後にある理由は、人体において、リノール酸がアラキドン酸(またオメガ6脂肪酸)に変換され、これが様々な炎症促進化合物に変換されることである。 しかし、オメガ6脂肪酸は抗炎症性化合物の産生も増加させるため、疾患リスク要因への影響のみに焦点を当てることにより、食事要因と病気の発症リスクとの関連性を判断することは困難です。

東フィンランド大学で進行中の、クオピオ虚血性心疾患リスクファクター研究(KIHD)は、1984-1989年に発症時の42〜60歳の2, 480人の男性の血中脂肪酸濃度を決定しました。 22年間の平均フォローアップ期間中、1, 143人の男性が疾患関連の原因で死亡し、事故またはその他の理由による死亡は研究から除外された。

研究者らは、研究参加者を血液リノール酸レベルに基づいて5つの異なるグループに分けたとき、彼らは最低レベルのグループと比較して、最高レベルのグループで早漏のリスクが43%低かったことを発見した。 死亡原因のより詳細な分析は、心臓血管疾患または心血管疾患または癌以外の何らかの理由による死亡と同様に、心血管疾患による死亡に関しても同様の関連が存在することを示した。 しかし、癌による死亡との関連は認められなかった。 同様に、アラキドン酸血症レベルについてもわずかに弱い相関が観察された。 研究のもう一つの重要な発見は、試験開始時に研究参加者が心血管疾患、癌または糖尿病に苦しんでいたかどうかにかかわらず、結果が非​​常に類似していることである。

この研究は、例えば、リノール酸の高摂取とリノール酸の高値とを結びつける早期の集団ベースの研究から、癌のリスクを増加させることなく、心血管疾患および2型糖尿病のリスクを低くすることを裏付けている。 観察されたアラキドン酸の関連する死亡リスクの低下は、新たな知見である。

血液リノール酸レベルは人の食事によって決定され、リノール酸の主な供給源は植物油、植物ベースのスプレッド、ナッツおよび種子である。 しかし、食事は、アラキドン酸の血中濃度にわずかな影響しか与えません。

広告



ストーリーソース:

東フィンランド大学が提供する資料 注:コンテンツはスタイルと長さのために編集することができます。


ジャーナルリファレンス

  1. Jyrki K Virtanen、Jason HY Wu、Sari Voutilainen、Jaakko Mursu、Tomi-Pekka Tuomainen。 血清n-6多価不飽和脂肪酸および死亡リスク:クオピオ虚血性心疾患リスクファクター研究アメリカ臨床栄養学会誌 、2018; 107(3):427 DOI:10.1093 / ajcn / nqx063