人気の投稿

エディターズチョイス - 2019

人間の介入による頭の始まり:ヨーロッパの植物の他の大陸への広がりに関する研究

Anonim

ますます多くの植物種が人間によって新しい領域に導入されています。 しかし、多くの場合、植物が新しい環境に永続的に定着するかどうかを決定する要因は明らかではありません。 コンスタンツ大学の生態学教授であるMark van Kleunenをはじめとする国際的な研究チームは、異なる生息地との関係が、人間が引き起こした他の大陸での植物の広がりをどのように制御するのかを初めて示しています。 この研究成果は、National Academy of Sciencesの科学誌「 Proceedings 」の最新号に掲載されています。

広告


いくつかの研究は、世界貿易を通じた動植物の種の広がりがここ数十年にわたり大規模に増加していることをはっきりと示している。 世界中で13, 000種類以上の植物が人間によって他の地域に運ばれており、2, 500種以上がヨーロッパから集められています。 比較:わずか12, 000種の植物種がヨーロッパ全土に、ドイツには3000種以上が生息しています。

「私たちの国際チームは、世界の他の地域での植物の帰化の役割を包括的に調査した最初の人であり、この要因が植物種の帰化に決定的な要因であった」とマークファンクルーネン。 国際的な研究チームは、ヨーロッパに由来する約10, 000の植物種の異なる生息地での発生を文書化しました。そこから2, 500以上が他の大陸に帰化しました。 その後、研究者らは、特定の生息地からの植物種が他の大陸で特に強く広がっているかどうかを調べた。

この研究の結果は明らかであった。ヒトや野生の畑など人間によって大きく変化したヨーロッパの生息地からの種は、他の大陸の征服において非常に成功した。 現在までに、ヨーロッパのこれらの生息地で生育している植物種の40%以上が他の大陸でも確立されています。

"植民地化を通じて、ヨーロッパ人は多くの植物を世界の他の地域に輸出してきた。" 彼は次のように述べています:「人間が変えたヨーロッパの生息地に生息する植物は、頭をはがし始めました:彼らはより頻繁に蔓延しており、生活条件彼らの新しい家庭では理想的でした。 この研究は、生物学的グローバリゼーションが、特に人間が作った生息地で帰化することができた特定の植物種を好むことを示しています。

広告



ストーリーソース:

コンスタンツ大学から提供された資料。 注:コンテンツはスタイルと長さのために編集することができます。


ジャーナルリファレンス

  1. ヴェロニカ・カルソーバ、ミラノ・チトリー、マーク・ヴァン・クルーネン、ラディスラフ・ムシナ、ウェイン・ドーソン、フランツ・エッセル、ホルガー・クレフト、ヤン・ペルル、パトリック・ウェイゲルト、マーテン・ウィンター、ペトル・ピスク。 他の大陸におけるヨーロッパ植物の帰化:ドナーの生息地の役割 National Academy of Sciences 、2017; 201705487 DOI:10.1073 / pnas.1705487114