人気の投稿

エディターズチョイス - 2019

血管新生を特異的に促進する成長因子を含まない組織接着性多孔質フィルムの開発

Anonim

国立物質科学研究所(NIMS)の研究グループは、成長因子を使用せずに血管新生を促進する組織接着性多孔質フィルムを開発しました。 この新しい技術は、医療の質を維持しながら医療費の削減に貢献する可能性があります。 この研究は、学術雑誌Biomaterialsのオンライン版に掲載されました

広告


NIMSの国際ナノマテリアル研究センター(MANA)の生体材料部門のMANA科学者である田口哲司氏が率いる研究グループは、成長因子を使用せずに血管新生(新血管の形成)を促進する組織接着性多孔膜を開発しました。 この新しい技術は、高価で失効しやすい成長因子を使用せずに医​​療の質を維持しながら、医療費の削減に寄与する可能性がある。

糖尿病により血流が乏しい身体部位の血管新生を促進するために、成長因子を吸収し徐々に放出する物質の開発が行われている。 成長因子および材料を産生する幹細胞を組み合わせる研究も行われている。 成長因子は、物質からゆっくりと放出されると、血管新生を効果的に促進することができる。 しかしながら、それらは高価であり、細胞増殖効果の点で悪化する傾向があるなどの問題を有する。 さらに、増殖因子を含む材料を罹患組織に着実に固定するのに必要な組織接着技術についての研究はほとんど行われていない。

これらの問題を踏まえ、研究チームは、ブタ皮膚由来ゼラチンをヘキサノイル基で化学修飾したものを用いて、優れた組織接着性と増殖因子との結合性に優れた多孔膜を開発しました。 大幅に増加した空隙率で、新しく開発された多孔質フィルムは、従来の多孔質フィルムと比較して約5倍大きな血管新生能力を示した。 さらに、新しいフィルムは、従来のフィルムよりも約3倍高い組織接着性を示した。

新たに開発された多孔質膜は、高価な成長因子の添加を必要とせず、身体内で自然に発生する血管内皮成長因子(VEGF)を吸着し、それらを膜材料に取り込むことができる。 その後、体内で産生された酵素が多孔膜を分解し、徐々にVEGFを放出し、それによって血管新生を促進することを研究グループは見出した。 これらの結果は、多孔性フィルムの適用が、身体の自己回復能力を改善することによって血管新生を刺激することを示している。

この多孔質材料単独では、高価で失活しやすい成長因子に頼ることなく、血管ネットワークの形成を促進することができる。 したがって、この技術の適用、例えば血流の悪い糖尿病患者の脚を標的とし、血管を効果的に再生することが期待されている。 この技術はまた、特定の医療処置におけるコスト削減に寄与する可能性がある。 これらの肯定的な結果を踏まえ、医療・産業分野との共同研究に取り組み、再生医療分野や医療機器開発分野での活動を拡大することを目指しています。

広告



ストーリーソース:

独立行政法人物質・材料研究機構提供資料 注:コンテンツはスタイルと長さのために編集することができます。


ジャーナルリファレンス

  1. 水沢亮、田口哲志。 ヘキサノイル基修飾ゼラチンで作られた増殖因子を含まない多孔性生分解性接着剤の血管新生の増強Biomaterials 、2015; 63:14 DOI:10.1016 / j.biomaterials.2015.06.003