人気の投稿

エディターズチョイス - 2019

特殊教育にもかかわらず、読書やスペルの難しさを持つ子どもたちは仲間に遅れる

Anonim

特殊教育教師から特別教育を受けているにも関わらず、読書スキル(RSD)の読解能力は、最初の2年間で年齢層よりはるかに遅れています。 さらに、RSDに加えて他の学習困難を抱えた子供たちのスペル・スキルも、最初の2学年度には同輩に遅れていた。 フォローアップ調査は、東フィンランド大学で実施され、調査結果は欧州特別支援教育ジャーナルに掲載されました。

広告


「私たちの調査結果は、教師教育の面でも、学校が読書スキルに割り当てる特殊教育の観点からも関連している」とフィンランド東部大学のLeena Holopainen教授は述べている。

フィンランドの教育システムでは、学生は特別な教育サービスを受けるために正式な診断を必要とせず、学生、両親と教師の協力のもとに支援の必要性が評価されます。

肯定的な感想として、RSDを受け、年齢層に遅れをとっている子どもの3分の2が、第1学年と第2学年の間に約1週間に1回、パートタイムの特別教育を受けました。

しかし、児童の3分の1は、初等教育や2年次のいずれかでしかパートタイムの特別教育を受けておらず、平均は1年に30時間未満でした」

RSDやその他の学習困難な小児では、読書スキルの水準は年齢層よりはるかに遅れており、最初の2学年の間に格差は拡大し続けました。

「これは、特殊教育に使用される内容や教授方法が子供のニーズに合致するかどうかという疑問を正当化するものです。

ホロパイネン教授によると、学校では、最初の学年後にもそれを必要とするすべての子どもたちに十分に効率的な支援を提供する方法で、読書とスペルの特殊教育を組織する方法を見つけることが重要です。

「小学校の子どものおよそ10-15%が発達読書やスペルの難しさに苦しんでいます。これらの子どもをできるだけ早期に特定し、特殊教育を利用できるようにすることは、RSDを克服し、そして研究しています」とHolopainen教授は結論づけています。

広告



ストーリーソース:

東フィンランド大学が提供する資料 注:コンテンツはスタイルと長さのために編集することができます。


ジャーナルリファレンス

  1. Leena K. Holopainen、Noona H. Kiuru、Minna K.Mäkihonko、Marja-Kristiina Lerkkanen。 フィンランドの1年生から2年生までの読解困難なパートタイムの特殊教育の役割ヨーロッパの特別支援教育ジャーナル 、2017年。 1 DOI:10.1080 / 08856257.2017.1312798