人気の投稿

エディターズチョイス - 2019

エアロビック、抵抗運動のコンボは、50年代の脳力を高めることができます

Anonim

好気性運動と耐性運動を組み合わせることで、50年代の脳力が大幅に向上し、現在までに入手可能なエビデンスを最も包括的にレビューすることができます。

広告


そしてその効果は、個人の脳の健康状態に関係なく明らかであった。

高齢者のための運動は、脳の健康や認知能力の低下を止めたり止めるための有望な手段と考えられています。 しかし、現在までに発表されたレビューには過度に制限的な包括的基準があるため、その利益の証拠は決定的ではない、と研究者らは述べている。

これらのギャップのいくつかを試してみるために、2016年末までに公開された39の関連研究を体系的にレビューして、タイプ、強度、および運動時間の変化が50歳以上の脳の健康状態に与える影響を評価しました。

彼らは有酸素運動を含んでいた。 耐性訓練(体重など)。 好気性トレーニングと抵抗トレーニングの両方の要素を含む多要素運動。 太極拳; ヨガを分析しています。

彼らは、全体の脳能力(全体的認知)に対するこれらの活動の潜在的な影響を分析した。 注意(情報をすばやく処理する機能を含む、覚え書き)。 執行機能(ゴール指向の行動を担当するプロセス)。 メモリ(記憶と検索)。 および作業記憶(発見された情報の短期間の適用)。

データをプール分析すると、運動は脳の健康状態にかかわらず、50歳以上の脳力を改善することが示されました。

有酸素運動は認知能力を有意に向上させ、抵抗トレーニングは実行機能、記憶および作業記憶に顕著な効果を及ぼした。

研究者らは、50歳以上の脳の健康状態を改善するために、両方のタイプの運動を処方することを推奨するのに十分なほど強力な証拠があると述べている。

データは、太極拳も以前に発表された研究の結果を裏付ける認知能力を改善したが、その分析はわずかな研究に基づいていることを示したので、大きな臨床試験で確認する必要がある。

それにもかかわらず、太極拳のような練習が身体的な活動のより困難な形態をすることができない人々に適しているかもしれないので、彼らは示唆している、重要な発見です。

そして、どのくらいの頻度で、どのくらいの頻度でデータ分析を行ったところ、中程度〜激しい強度の、そして任意の頻度の45分〜60分のセッションが脳の健康に良いことを示しました。

研究者は、彼らのレビューのいくつかの潜在的な限界を指摘している。彼らの証拠は、監督された運動の研究にのみ限定され、英語で出版されていた。

それにもかかわらず、彼らは次のように結論づけている。「結果は、好中球および抵抗性訓練の成分を有する運動プログラムが、少なくとも適度な強度およびセッション当たり少なくとも45分間、できるだけ多くの日に、認知的に有益であることを示唆する50歳以上の成人の機能です。

広告



ストーリーソース:

BMJが提供する資料。 注:コンテンツはスタイルと長さのために編集することができます。


ジャーナルリファレンス

  1. Jennifer C Davis、Lindsay S Nagamatsu、Shirley Wang、Lara A Boyd、GY Robin Hsiung、Michelle W Voss、Janice Jennifer Eng、Teresa Liu-Ambroseなどがあります。 有酸素運動は、執行機能を促進し、血管認知障害を有する高齢者の機能的な神経活動に影響を及ぼすスポーツ医学のBritish Journal 、2017; bjsports-2016-096846 DOI:10.1136 / bjsports-2016-096846